噴火などもありまだまだ心配が続く日の国

スポンサーサイト



幸せは、簡単な方がいい 後編



「幸せは簡単な方がいい」

そう、想いませんか?

でも人は、あれやこれやと、「幸せになるための条件」 を持ってしまう。
前編で、話しましたよね。


それに引き換え、
わたしの幸せは、とっても簡単です。

この世に生かされていること。
というより、ただ自分が今ここにあることがたまらなく幸せでならないのです。

その感覚は、目を瞑ればいつでも瞬時に体感できます。
そして、永遠に消えることのない幸せな気持ちです。

たぶん、これが 『ほんとうの幸せ』 ではないかと、
わたしは考えます。
かっこよく言えば、『幸せへの悟り』 とも言えるかもしれません。

それは、今ある幸せに気づき、大切に思うこと


前回の方法で、幸せなつもりになりながら、
今のあなたの日常の中にある幸せに気づいていくことができれば、
それはきっと、『ほんとうの幸せ』 への近道になるでしょう。

毎日地道に、『小さな幸せ』 を集めるうち、
あなたの中の何かが、変わってくるはずです。


そう。
そして、気づくはずです。
ほんとうは・・・

この先は、書かずに置きましょう。
それは、あなた自身で気づいたほうが良いことだから。



そして、思うのです。
幸せの満足度は、一人ひとりの心が決めることです。
小さな幸せ、簡単な幸せで、満ち足りた気持ちになれたら、
そのほうがずっと幸せですよね。

だから、幸せは簡単な方がいい

そして、ないから求めるのではなく、
あっても必要ないと思えること。

そう思えたとき、
その先の 『揺るぎない幸せ』 に辿り着けるかもしれません。

一度そこへ辿り着いたら、あとはそっと目を瞑るだけで、
いつでもそこに行くことができるでしょう。

あなたも。

 



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定


メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

幸せは、簡単な方がいい 中編



「今すぐに幸せになる方法」

「こんなのあったらいいなぁ」 って、想いますよね。


ありますよ
でもって、馬鹿みたいに簡単なことです
でも、みんな馬鹿馬鹿しくて続けないから、いつもの自分に戻っちゃう。


ほんの少しの発想の転換と、ほんの少しの努力があれば、
あなたは、今すぐに幸せを手に入れられる!


聞きたいですか?
では、少し説明をお読みください。


幸せは、「足りない」 と想えば想うほど、
あなたの元から遠ざかって行きます。

なぜって、それは 『波動の法則』 というのがあって、
あなたが出している 「足りない」 という波動が、
さらにそれを増幅させる形で、戻ってきちゃうからです。

それならば、逆を行けばいい

いつも、「わたしは充分に幸せ」 と想えればいいわけです。

わたしは、4年前からこの状態なので、
望んでいないのに、さらに幸せ度は、倍々にアップしています。
ほんとに、ほんとです


一方、「でも、でも・・・」 って、思っているあなた。
わかりますよ。
あなたは、今、充分には幸せではないのですよね。

では、どうすればよいか?


まず、幸せな気分になることは可能ですよね。

今のあなたの状況の中で、
「幸せだと思えること」 を探してください。
どんなに小さなことでもいいのです。
どんなに当たり前のことでもいいのです。

それをできるだけたくさん書き出してみてください。
誰だって、いくつかはあるはずです。

たとえば、
最近、風邪を引いていない。つまり、普通に健康で幸せ。
このところよく眠れるのは幸せ。
好きなアーティストのCDを買って、持っていることが幸せ。
大好きなペットと戯れる時間を持てて幸せ。

そんなふうに、いつも 『プチ幸せ』 を考えてみてください。

なんだか自分はけっこう幸せなんだって、想えて来ませんか?
それを毎日繰り返してみてください。

すると・・・
充分幸せかもしれないって、気分になって来ちゃいます

これって、つもりになっているだけじゃん。
本当の幸せとは、違うのではないの?って、思った人。
そうです(笑)

でも、最初はそれでいいのですよ。
フリだって、「充分に幸せという波動」 を出していることには変わりありません。

ちゃんと努力して、毎日続ければ、
必ず、あなたの周りに、もっと幸せが集まってきます。

そして、それが、
『ほんとうの幸せ』 を知るきっかけに、繋がっていきます。


一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
精神世界

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

幸せは、簡単な方がいい 前編



あなたにとっての 『幸せ』 ってどんなことですか?

『幸せ』 って、百人いれば百通り、みなそれぞれ違うと思うんです。

だから、聞いてみたい。

あなたの幸せはどんなことですか?
そして、今あなたは、幸せだって感じていますか?






「どちらかと言えば、幸せかな?」 って、答える人が多いでしょうか。

でも、実はもっと幸せになりたいって想っていませんか?
今の幸せでは、 「足りない」 って想っていませんか?

今の幸せでは、何が足りないのでしょうか?
もっと、何が欲しいのでしょうか?

もう少し、給料が多かったら~~もできたのに・・・
もう少し、頭がよければ~~に成れたのに・・・
もう少し、容姿が良ければ、モテたのに・・・
もう少し、親が理解しくれたら、夢が叶えられたのに・・・
もう少し、夫が話を聞いてくれたら、淋しくないのに・・・

そんなふうに考えていませんか?



つまり、それって、あなたの幸せの条件ですよね。

「幸せになるための条件を持っている」
ということですよね。



さてここで、そんなあなたには、耳の痛い苦言を!

「今の幸せでは足りない」
「もっと幸せになりたい」
「~~すれば幸せになれるのに」 って、想っている人は、

永遠に、幸せにはなれない 


ごめんなさい
でもこれ、ほんとです!


だって、そういう人って、ひとつの条件が叶うと、
必ず、次の条件を持ってしまうから。
そして、「自分の幸せは足りない」 と、また考えてしまう。

これは、思考の癖みたいなものですから、意識しないと変えられません。


それなら、どうしたらほんとうに幸せになれるのか?


4年前から、毎日幸せを感じていて、
さらにその幸せがどんどんと増幅しているわたしが
次回、そっとお教えしましょう。


一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
精神世界

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

苦しみや哀しみが幸せを創る?



私としては、少し残念なのですが、
やはり、何かを解かるには、苦しみや哀しみを知ることが必要なのでしょうか?
苦しみや哀しみを深く知ることが、
悦びと幸せを深く知ることに繋がっているのでしょうか?

なぜ、残念なのかというと、
愛する者に、自分が味わったような辛い思いをさせたくない!
できることなら、悦びと楽しみだけの幸せな人生をと思うのです。
そんな風に思う方は多いのではないでしょうか?

私も、そんなことを想い、 『幸せへの近道』 を皆さんにお教えしたくて
このブログを書いています。

でも、ガイド(指導霊・守護霊)たちは言います。
 
 本当の幸せとは
 苦しみや哀しみがない 平坦な人生では
 手に入れることはできません
 ですから 幸せへの近道も
 苦しみや哀しみがない 平坦な道ではないのです

 一番の近道は 
 ドカンと衝撃を受けるような出来事で
 一気に 不必要な信念を捨て去ることです
 それらをセッティングするのも
 私たちの役目のひとつ
 でも それらをどう生かすかは
 あなた方 次第です

 そんな大きな出来事でなくとも
 毎日 あなたの周りには
 たくさんの 出来事が起きています 
 大切なのは それらの出来事を
 どう受け止め どう感じるかということ
 
 ひとつの出来事にも
 たくさんの受け止め方があるのです
 その中には 
 幸せへの近道と 言えるような
 受け止め方も あるでしょう

 そして 幸せにもいろいろあり
 誰もが 苦しみや悪い出来事と想うことを
 そうではない 受け止め方ができるなら
 あなたは 少し深い幸せを 知ったことになるでしょう

書いているうちにメッセージのようになってしまいました。
こんな感じで、よくメッセージを受け取ります。
かなりたくさん溜まっているので
時期をみて、書いていきたいと思っています。

話が逸れました。
やはり、何かを解かるにも、深い幸せを知るにも
幾多の出来事を乗り越え、何かを学ぶ必要があるのでしょう。

それなら私も、子どもたちに
幸せを深められるような経験をたくさん、たくさんできるように
協力してあげたいなって、思います。
そして私も、更なる幸せを見つけるためにチャレンジするつもりです。

どうぞ、皆さんも
少し深い幸せを知るために、果敢にチャレンジしてくださいね。

きっと私は、少しだけ深い幸せ を、知っています。
「揺るぎない幸せな場所」 が、心にあるのです。 
それはとっても、素敵です!!
そして幸せの裏側には、苦しみや哀しみが隠れているのでしょう。
だからこそ、輝くのかもしれませんね。



一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
精神世界

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定


メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

戦争と幸せ




あるテレビ番組で、「今、幸せですか?」 と言う質問をしていました。
都内各所、終戦日なので、靖国神社なども入れてインタビューしていました。
100人中、幸せが85人、不幸せが15人、という結果でした。
人数的には、町を元気に歩いている人ですから、
もっともな数字かなと思います。

興味深かったのが、インタビューでの幸せ、不幸せの理由。

もちろん、今の自分にとっての理由であるのは、
質問の仕方から当然と思いえるのですが、
そこにも、幾つかの 幸せの基準 があります。 

①何かと比較して
たとえば戦争経験者は、「あの時からみれば、各段に幸せな時代」 という認識があり、
そうでなければ、「亡くなった方たちに申し訳ない」 という気持ちがあるでしょう。
自分が生まれた頃より、物質的にはるかに裕福な生活をしていると思う人もいるでしょう。
あるいは、「食べることに苦労しなくてよい、日本という恵まれた国に住んでいる」
ということを、あげる人もいます。

このように、考える人がいるのを思うと、
あながち戦争も悪のみとは言えない気がします。
苦しみを体験して初めて知ることのできる幸せもあるのかもしれませんね。


②同じ比較でも、もっと個人的な比較の仕方
知り合いの~~さんより、
仲良く暮らしている、収入が多い、いい車を持っている、子どもがいるなど、
比較の対象は様々で、物質的なことばかりではなく多岐に渡ります。
でも、その人の頭の中に比較する具体的人物が浮かんでいます。

あるいは、自分の過去と比較している人もいるでしょう。
あの頃よりは・・・と言う思いは、誰でも持つものです。


③人間関係
一番多いのが、「家族と良い関係を保てている」
あるいは、「学校や職場での人間関係が良好」 などです。
また、「何でも話せる友人がいる 」 なんてのも、あったら素敵ですね。

ここは、かなりスピリチュアルな要素が多い部分でしょう。


④物質的豊かさ
お金や収入を含め、「~~を持っている、~~ができることが幸せ」
と答える人は、多いです。
自分自身そう思っている場合もありますし、何より、聞き手にわかりやすいという
瞬時の判断で、そう答える人も多いだろうと思います。
あるいは、自分にそう言い聞かせるように答えている人もいるように感じました。


⑤未来への展望
これを、「不幸せ」 の理由としてあげている人が多かったのは、
悲しいことです。
そういう時代なのでしょう。
自分の幸せな未来像を描けなくなっている人が多いのだと思います。

高度経済成長・バブルの時代には、みな、夢とも思える理想を現実的に掲げ、
叶うような気になって、幸せを感じていただろうと思います。

物質的展望として、それは明らかに望めない今、
私たちは、どこにどのように「幸せな未来を描いたらよいか」 を
問われている気がします。

皆さんは、どう思いますか?

そして、年配の人より、若い人の方が幸せでないと感じているようです。
それは、この先長く生きていく不安があるだろうと思いますし、
また、戦争を始めとする苦しい出来事を経てきた人の感じ方と、
幸せが当たり前で生きてきた世代とのものの捉え方の違いがあるでしょう。
これは、これから苦しい時代が来るかもしれないという不安に対して、
若い人にとっては、未知の恐怖であり、
戦争を経験している人にとっては、それを乗り越えて生きてきた経験があるから
どうにかできるという想いがあるのかもしれません。

そしてこれからは、前にも何度もお伝えしてきたように、
自分で未来を創る時代になる と、わたしは感じています。

また、実際には、いくつかの理由が複合的にあるだろうと思います。
そして、この中に当てはまらない幸せの理由もあるでしょう。
ぜひそれを探してみてください。

その中に、本当の幸せを知る手がかり があるでしょう。
本当の幸せは、これだよと示してあげられるものではなく、
心の中にふと芽生えるものだからです。

戦争も、それに気付くためのひとつの経験かもしれませんね。


一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

幸せの後には、不幸が待っている!?



「幸せが恐い」という人がいますよね。
また 「自分には、幸せになる価値がない。」と思っている人も多いようです。

そういう方の話を聞いていると、
「人が一生の内に経験する幸福と不幸は半々の割合で、皆平等である。」 と思っていたり、
「徳を積んでいない者には、幸せになる資格がない。」 と信じていたりしています。
宗教の影響も あるのでしょう。

でも、よーく考えて 周りを見渡してください!
本当にそうですか?

生まれた時から恵まれていて、努力もしていないのに、幸せばかりに見える人。
かと思えば、次から次へと不幸な出来事が続き、見ているのもつらいような人。
また、悪いことばかりしているのに、幸せそうなヤツ。
人のために尽くし徳を積んでいるのに本人は、いつも暗い顔の人。

ということは、皆さんの推測通り
残念?ながら “人は生まれながらに、平等ではない。” のです。

なぜかと言うと、
平等の基準となる物差しが、現世で創られたものであり、
スピリチュアルの世界には通用しない からです。

向こうの世界には、
無条件の愛を学ぶための、ある意味 現世とは正反対と言える法則 があります。
そのベースとなるのは、あくまで霊性の向上のための体験と気付きを促すこと です。

そのためには、現世で不幸と思えることが、素晴らしい学びの体験だったり、
更なる霊性アップにチャレンジしようとするスピリットたちは、自ら進んで、
身体的不自由や、困難な状況を選んで生れ落ちて来るそうです。

エイズ患者の中にもそんな人がいるそうです。
私の先生、ブルース・モーエン著「死後探索3」 にそんな話が出てきます。

つまり元々、抱えてくる状況も課題も違い、
不幸と思える過酷な状況を選んでいる者は、チャレンジャーであり、霊性も高い
ともいえるでしょう。

また、他に人の学びをサポートするために、わざと悪役として生まれて来たり、
幼くして死を迎える場合もあります。

それらは生まれる前に、相談をして決められます。
また飛行機事故など、不測の事態の場合も選ばれた人々が死を迎えることとなり、
死後、それぞれに応じたケアが手厚く成されます。
そういう場所が存在し、私も一度探索したことがあります。

ただ、ここで誤解しないでいただきたいのが、
普通の平凡な人生を送る者が、レベルの低い魂ということではありません。
大変な人生の後に、楽しむための人生を送ってみたりすることもあります。
また、現世的にはパッとしないように見える人生にも、大切な学びが含まれており、
それはどれも必要な学びです。

ですからどうぞ皆さん、自分の人生に自信を持ってくださいね!
価値のない人生などひとつもないし、生まれて来なかった方がいい人も絶対にいません。
みなそれぞれに、素晴らしい価値があります。

ということで、元々違う設定で生まれて来て、クリアすべき課題も全く違うのですから、
人と比べることには何の意味もありませんし 
幸不幸の量など、最初から決まってはいない のです。
そして、幸運と不運は、五分五分ではなく、
「幸せの後には、不幸が待っている!」ということはありません。

幸せは、どう生きるか、どう捉えるかで決まってきます。


一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

守護霊について



このブログを古くからお読みいただいている方は、ある程度、私が語る守護霊とはどういう存在なのかということは、理解して頂けていることと思いますが、折角なので復習してみます。

守護霊とは、私たちの魂の向上をサポートする存在であり、次元のある程度高い位置にいて、私たちを導いてくださっています。

単純に私たちに憑依して干渉してくる存在がイコール守護霊ということではありません。

霊と呼ばれる存在には様々ありまして、その中でも守護霊は特別な使命や目的を持って私たちを守ってくださっているということです。

守護霊という言葉は、多々、使われていて、同じ言葉であっても、その意味するところが人によりまちまちです。

なので、守護霊といった場合に単純に背後についている霊を指している人もいれば、先祖霊などのことを指している人もいます。

あるいは自己分霊(自分自身の分身的存在の霊体)を指しているケースもあるようです。

他にも定義は様々にあり、必ずしも守護霊という言葉を使っていたとしても同じ対象を示しているわけではないことが多いのです。

ですから、まずは、ここをご理解頂き、私の定義する守護霊のことを指しているということを踏まえた上でお話を聞いて頂ければと思います。

さて、守護霊のやる気を出す方法ということですが、原則として、やる気のない守護霊というものは本来はいません。

やる気がない時点でもはや守護霊を名乗る資格はない霊的存在だといえるからです。

少なくとも私が定義している守護霊には当てはまらないということですね。

もし、何らかの形で感得した霊がやる気がなさそうな存在であった場合には、それは少なくとも守護霊ではないと思った方が良いと思います。

しかしながら、「いや、そうじゃなくてさ。何かもっともっと守護霊に本気を出してもらいたいんだ!そうすれば自分の運命ももう少し開けてくるのではないか?」という意味で、守護霊のやる気を出したいと願うケースもあるのかも知れませんね。

守護霊は原則としてやる気満々ですが、もっともっと守護霊に積極的に動いてもらいたい!と願う人もいることでしょう。

その願いを叶えるにはどうすれば良いのでしょうか。

これはとても簡単です。

守護霊のやる気を二倍にも三倍にもする方法があります。

それは・・・

自分自身が守護霊以上にやる気を出すということです。

守護霊という存在は常にやる気を持って動いてくださっていますが、一点だけ制約事項があります。

それは、あくまでバックエンドの存在であるということです。

守護霊という名の通り「守」が基本姿勢であり、守護する相手の気持ちや状態を無視して、勝手に人生の方向性を決めてしまうことは出来ません。

守護霊とはサポーターであり、その人の持つ志や目標、願いや天命に準じて、その人の魂の向上につながるための動きをするのが守護霊のあり方であるわけですね。

なので、自分自身が守りに入り、「守護霊が何かやってくれないかな?」「何か良いことしてくれないかな?」「自分を助けてくれないかな?」と思っているだけで消極的な姿勢でいるといくらやる気のある守護霊でも万全を期してフル稼働することが出来なくなります。

でも、もし、自分自身が守護霊の気持ち以上に前向きに積極的に気持ちを高めて進もうとするとき、守護霊の方もその意気に呼応するようにやる気を二倍にも三倍にもしてくださるということです。

もちろん、守護霊の数が足りなければ増員されますし、守護霊の霊格、霊覚が自分自身の志とやる気に対して、見合っていない場合にはさらなる高い霊格、霊覚を持った守護霊がメインの位置について指導してくれるようになるのです。

だから、守護霊にやる気をもっともっと出して欲しいと願うならば、自分自身がもっともっとやる気を出していくことが必要不可欠だといえるでしょう。

守護霊はいつでもあなたのやる気が倍増されることを今か今かと待っているのです。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

先祖供養について





蝋燭を献じて御祈願したり、お賽銭を奉じて観音経や延命十句観音経を唱えながら祖先の供養を個人的に祈念する方法もあります。

護摩木を書いて奉納し、それを誠として祈念するのもいいでしょう。

供養のあり方は様々あって良いのです。

大事な点は今までも何度もお話してきましたが、祖先に対する真心を如何に形に表すかという点にあるのですね。

供養の形はお寺などによっても変わってきますし、その細々とした作法やあり方は実際の寺社にて問い合わせて頂ければと思います。

さて、今回は少し、先祖供養について今一歩踏み込んだ考察をしてみたいと思います。

先ほども言いましたが先祖供養の基本は子孫として真心を形に表して祖先へ献じることが大事なポイントではあります。

しかし、実際のところ、供養というものにもレベルがありまして、同じように供養をしていても有効に機能する場合とそうでない場合がやはりあるようです。

この点においては巷に伝わるスピリチュアルな見識においてもあまり明らかにされていないように感じます。

なので、一度、このブログにおいては整理してみたいと思います。

まず、供養の最初のレベルは、子孫が真心を込めて祖先霊に礼を尽くして感謝の気持ちをお祈りするということがあると思います。

一番、単純であり、基本的な姿勢でもあります。

祖先霊に感謝しましょう!という主張をするスピリチュアル的な考え方は特に珍しいことではなく、色んなところで耳にすることでもあります。

確かにこれは祖先霊に喜ばれる行為だと思いますが、このレベルで供養として機能するのは、ある程度、上部霊界、ないし、それに近い祖先霊に対してのみになります。

上部霊界に籍を置く祖先霊は、子孫のそういった心根だけでうれしいものでもあり、感謝の気持ちを受け止めて、霊界におけるバックアップをしてくださるようになるものです。

丁度、礼儀正しく感謝の想いをもって接してくる孫をかわいいと思い、何かと世話を焼いてくれる祖父母の心境に近いかも知れません。

しかし、祖先霊と言いましても、代々と遡れば沢山の方々がいらっしゃいます。

全ての祖先霊が上部霊界にいるわけではありません。

祖先霊の中でも現世次元に近い霊界、やや下部霊界に近い方々は、感謝の気持ちだけではご納得されない方もいらっしゃいます。

霊界が現世次元に近い分だけやはり、現世に近い持て成しや供養の形を求める場合があるのです。

こうなると祖先霊に感謝の気持ちでお祈りするだけだと納得しない祖先霊も出てくるわけです。

この場合は、お供物を捧げたり、ご生前に好きだった好物などを献じたりする必要が出てきます。

現世における楽しみや価値観をそれなりに引き継いでいるためそういった形が必要になるわけですね。

では、とりあえず、供物を捧げて感謝の祈りを捧げれば供養としては完璧であるかというとそうとばかりは言えません。

実際に下部霊界に落ち込んでしまっていたり、霊界で不自由な状態になっている祖先霊の場合は、単に供物を捧げて供養をするだけでは難しい場合があるのです。

なぜならば、下部霊界にまで落ち込むと現世に生きる私たちがいくら供物を捧げてもそれを受け取れる霊層にないので、折角の供養も届かない場合があります。

低次元層で歪みのある霊界であればあるほど、現世での私たちの真心やその形がうまく祖先霊に伝わらない場合があるのです。

その場合は、やはり神仏や神霊のお力添えが多少なりとも必要になるのです。

浅草寺などをはじめとする仏閣での供養をご紹介している理由の一つには、こういった霊界での背景があります。

仏閣などできちんと神仏、神霊の加護を受けた先祖供養をしていれば大抵の霊界次元の祖先霊はカバーできます。

しかし、実際には仏閣での供養でも救済しきれないくらいの下部霊界に入り込んでいる祖先霊がいる場合には、浄霊などの特殊な霊法を行っての供養になります。

なので、浄霊による祖先霊の救済はかなり奥深い下部霊界の方々もカバーすることが出来るということです。

もちろん、それ以上に下部霊界の奥の奥にまで入り込んでしまっている祖先霊は難しい場合もあります。

そのような場合は少しずつ祖先霊の浄化が進み救済が可能な霊層まで浮霊してくるのを待つしかありません。

いずれにせよ、先祖供養と言いましても段階があり、レベルがあるということを理解しておくことは重要なことかも知れません。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定


メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

「より完全な自分」 になる 続編



前回の 「より完全な自分」 なる は、
ちょっと概念的で、わかるようなわからないような・・・ 
と、思われた方も多いのではないでしょうか?

そして、「わかっちゃいるけど、じゃあ今の私はどうすればいいのよ!」
「それに、悪は悪でしょう!人殺していい訳ないし」
というのが、正直な本音かもしれませんね。

実は、それでよいと思うのです。
ぜひ、あなたが今、抱いている“その”問い から始めて欲しい。

逆に、何の疑問も持たずに、前回の記事を受け入れられてしまったあなたは、
ある問題を抱えているかもしれません。
いつも、良さそうな言葉をわかったつもりで飲み込んでしまう癖があるのかも。
でも、本当にわかるということは、そんなに簡単ではないと思うのです。
そして、さらにそれを自分のものにして、
人生に役立てていくことは、さらにさらに難しいことです。


わたしが書いたことは、実はわたし自身がまだ到達していない
ある種、到達点です。
ただ、非物質世界の探索から、
『そこ』 が在ることに、わたしは気付いたのです。

そして、『そこ』 を目指していく旅は、
ひとつの扉を開けると、次の扉が見えてくるという繰り返しです。
つまり、ひとつのことが解り、自分のものになり、
ひと回り大きな自分になると、さらに次の知るべきことが、
瞬時に目の前に現れてきます。

その繰り返しのずっと先に、
きっと 『そこ』 は在るのだろうと思います。


実は、わたしも最初に、
『悪も善もない』 とか、
『向上することは、よき自分になることでなく、具も劣も含み大きくなること』
だとか、非物質世界の存在たちに教えられたときは、
「冗談じゃない!何をいってるのよ!
そんなのこの世で通用するわけないじゃない!
みんな良くなるために、必死で努力しているんだから!」 と
強い憤りとともに、絶対受け入れられないと感じました。

でも今は、そんな風に真剣に反発し、理解できず悔しく感じた頃が
とても懐かしく、愛おしく感じます。
と言っても、ほんの2~3年前のことですが。

なぜ? どうして?
という問いを持つことは、とても大切です。

そして、それを皆さん一人ひとりの体験から、
理解し、自分のものにして行って欲しいと思うのです。

ガイド(指導霊・守護霊)たちはいつも、
疑問を抱かせ、その答を得るための体験へとわたしたちを導いて行きます。
そんなガイドたちの姿勢にいつも、頭が下がる思いです。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

より完全な自分」 になる




「より完全な自分」 に近づく方法を学んで行きます。
そしてこれが、輪廻を終えることへと繋がっていくように感じます。

ここで確認しておきたいのが、
「より完全な自分」 とは、
決して、「素晴らしい部分だけの自分を意味するのではない」 ということです。
つまり、非の打ち所のない長所だけの人間、
何をやらしても高い能力を現す人間、ではないということです。

自分を鍛え磨き、優秀な能力を備えることも、
悪なるこころを排除し、善なる存在になろうとすることも、
完全ではなく、ひとつの高みを求めているだけはないでしょうか。

完全ということは、すべてを含むこと、
そしてまた、すべてのものを受け入れる器を備えていることだと、
わたしは、考えます。

すべての中には当然、わたし達が 「悪」 と呼ぶものも含まれるでしょう。
未熟な部分だって、あって良いのだと思います。
それらすべてを、自分が持つものとして認識し、自覚していれば。

さらに、自分の中の同じ要素も
実は、「悪」 にも 「善」 にもなり得るのだと気付きます。
善悪のレッテルを貼っているのは、私たち自身の意識です。

そういう意味で、「より完全な自分」 の意識の中に、
「悪なるもの」 はなくなるでしょう。
でも一方で、「善なるもの」 もなくなるのです。

すべては、「愛しき愛すべきもの」 のなるのかもしれません。

嫌いな人、嫌なことにこそ、愛を投射して欲しいと思うのです。
するとそれらは、姿を変えてあなたの前に、現れてきます。

そして、
「すべてを愛を持って受け止められる、より広く大きな存在になること」
それが、「より完全な自分」 になることではないでしょうか。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定


メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

「 愛と 憎しみと 恐れ 」



「愛の反対は憎しみではない、それは恐れである」 という言葉が出てきました。
意味ありげに強調されて・・・

前回のブログの相対するエネルギーの説明の中に
「愛と憎しみ」 を例としてあげました。
そうです!
明らかにこれは、そのことへの ガイドたちからの注意メッセージです!

こういうことはよくあります。
ガイド(指導霊・守護霊)と直接話せるようになった今も、
本やテレビ番組、小耳に挟んだ人の会話、電車の中刷り広告、
また時には誰かの口を通じて、ガイドたちはメッセージを伝えてきます。
その方が効果的な場合や、複雑な説明が必要な場合、
また、わたしの心がビズィー状態でメッセージを受け取れないときなど、
どうやったの?と聞きたくなるくらいジャストタイミングで知らせてきます。
いわゆるシンクロニシティは、ある事柄への解説や後押しが多いのですが、
今回はダメ出し!?みたいです 汗とか
確かに、書くときも迷ったのです!
「愛」 に対比するものを、「恐れ」 にしようかなって・・・
でも、一般的には「憎しみ」 ですよね。

ということで、ブログは書き直さずに、次にそのことについて書くことで
ガイドにOKしてもらうことにしました。
(ダメなときは、指が勝手に変なボタンを押しちゃって、アップ前に消えちゃったりします)
だから、すぐ続きを書き始めました。


実は、わたしの先生、ブルース・モーエンの教えの中にも、
「愛と恐怖の法則=愛と恐怖は共存できない」 というのがあります。
愛を感じながら、恐怖におののくことはできない。
恐怖は、愛のエネルギーで消すことができるというものです。
また、ジェラルド・G・ジャンポルスキーの 「愛とは、怖れを手ばなすこと」 にも
書かれていますが、愛と恐れは対比するエネルギーなのです。

そこで、わたしはハタと思いました。
じゃあ、憎しみの反対は何なのよ!

すると、
  ←                                  →
 愛                       憎しみ        恐れ
というイメージが浮かんできました。
なるほど 電球 そういうことなのね!

相対するエネルギーは、同種の波動上に存在します。
ベクトルの向きが反対と言う関係です。
ですから前回言ったように、ベクトルの向きを変えれば
つまり考え方を変えれば、苦しいが楽しいに、楽しいが苦しいに変わるわけです。
元々は、それらは同種のエネルギーから成り立っています。
ですから、同時に両方を感じることはできないのです。
どこかのポイントを選ぶことになります。

ガイドの説明を言葉にすると、
そんな風に、同種のエネルギーとして、
「憎しみの延長線上には、恐れがある」 ということのようです。

さらに次の日、このことを考えていたら、
「あなたの書いた図では、憎しみは恐れの方に近いけれど、
むしろ、憎しみは愛の方に近いところに位置します」
というメッセージも、入って来ました。
そうなんだ
「愛と憎しみは紙一重」 なんて言うけれど、
そういうことねと妙に納得してしまったわたしです。

さらにさらに、『ガイドたちの愛は、憎しみに変わったりしないのに・・・』
と想いを廻らせていると、
「そうですね。この場合の愛は、あなたたちの3次元の愛ですね。
でも、そのベクトルのずっと先には、無条件の愛があります。
時々、あなたたちもそれに触れることがあるでしょう」
と、解説をしてくれました。

『わたしの中の恐怖や憎しみの感情は、ずいぶん減ったよね!』
と、問いかけると、ガイドたちが黙ってにっこり微笑んでくれたように感じました。

わたしは、1日何回もエネルギーを取り込み、心に ハート愛を膨らませています。
だから、毎日幸せで、穏やかに過ごすことができるかもしれないなぁと
改めて思います。
そして、それを始めてから風邪も引かなくなりました

皆さんも、ぜひ試してみてくださいね



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定


メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。


負のエネルギーの役割



前回、負のエネルギーを開放する方法を ご紹介してみました。
そして、これはひとつの方法で、他にもたくさんの開放の仕方があります。

と言うより、
私たちがこの世に生まれ生きる意味は、
もしかしたら、この負のエネルギーの解放のためなのかもしれません。

ところで皆さんは、『負の~』 と聞いただけで、
良くないもの無い方が良いものと捉えていませんか?
あるいは、そういうものを持たずに生きる方が偉いように感じていませんか?

わたしを含め、そんな風に感じてしまうのは、現世では当たり前の感覚です。
そんな風に教育されて育って来ましたから。

でも、私たちにとって重要な意味を持っていると、ちらりと前回お話しました。
そこをもっと、解りやすく説明してと、ガイドのリクエストがあったので、
今日は、その辺に触れながら書いてみようと思います。


私たちの3次元の世界は、
対比するプラスとマイナスのエネルギーを持っています。
たとえば、細いと太い、硬いと柔らかい、弱いと強い、
楽しみと苦しみ、喜びと悲しみ、そして愛と憎しみのように。
これらは、同種の波動が変化した形です。
だから、硬いは→柔らかいに、弱いは→強いに、
そして、愛は→憎しみに、変化しちゃいます 汗

さらに、この二つは天秤のように均衡を保ちながら存在していると
皆さん捉えがちではありませんか?
たとえば、苦しみがあるから、喜びがある。
つまり、苦しんだ分だけ喜びが来る!というように。

でも、これは違うとわたしは思います。
だって、あなたの周りにいませんか?
生まれてからずっといい思いだけしている人や、
ずっと不運ばかり続いて一生を終える人もいますよね。
だいたい、食べ物もなく亡くなって行く地域の人もいるわけで・・・

一生のうちで +-ゼロにならなくても、輪廻転生の中で均等になるのでは?
と思っているあなた、
残念ながら、アカシックレコードの達人!ゲリーも言っていました。
同じような人生を何度も繰り返す人が多いと・・・
過去世を観る限り決して平等ではなく、波動が変わらない限り、
同じような歩み方をしてしまうらしいのです

でもこれは、発想を変えれば、すごい朗報です
自分を変えれば、自分の思考の癖を変えれば、
いつも楽しく、愛と喜びに満ちた人生を送ることもできるということですよね!

それならなぜ、私たちは負のエネルギーを知る必要があるのでしょう?

喜びの素晴らしさを味わうには、苦しみの辛さを知るのが一番の近道です。
人はそうした生き物ですし、そのために限りある肉体を纏って生まれてきます。

食べる喜びを胃の具合が悪くなり、食べられなくなって改めて気付かされる
ようなものです。
それからしばらくは、食べられることに感謝しながら食事をしますよね。
そして、それを気付かせてくれた胃の不調という出来事にも
感謝することができれば、あなたは病気の経験のない人より
深い喜びを持って食事を楽しむことができるかもしれません。

さらに前回お話したように、たとえばあなたの前世によって
潜在意識の中に負のレッテルを貼られて閉じ込められたエネルギーを
一緒に開放してあげることができるのです。
これが、仏教的に言う、「負のカルマの解消」 なのだろうと思います。


ですから、負のエネルギーを感じたら、
「やったぁ~!意識を変えるチャンスだ!」 と捉え、
負のエネルギーの解放にチャレンジしてみてくださいね。

そのときあなたは、
自分が生まれた目的や生きる意味をひとつ、知ることになるでしょう。
それは、とても素晴らしいことです。 



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定


メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

負のエネルギーの解放 ~その方法とは?~



ということで、今日はわたしなりに その方法について書いてみたいと思います 手書き風シリーズ矢印上

まず、本題の前に知っておいていただきたいのが、
「本当は良いも悪いもない」 ということです。
良い悪いという判断は、わたしたち人間が勝手に作ったもので
その基準は、時代により、状況により、また個人により変化しています。

そして、人は 自分が思う悪いこと を 排除したり封印したりしようとする
癖を持っています。
また、それらを持たないことが向上に繋がると信じ、
自分にもまた人にも、自分の思う良くなる を押し付けようとします。

あなたも、ご自分のお子さんや部下に そんな風に接していませんか?

でも、本当にそれはその人のためになっているのでしょうか?
谷のない平坦な人生に、面白味があるでしょうか?
失敗やつまずきのない人生に、多くを学ぶことはできるでしょうか?

究極の話ですが、ある人がこんなことを言っていました。
「キリストは、聖人だがそれを崇めた信者は神に祀り上げ、
後世に間違った教えを広めることになってしまった。
一方、ヒトラーは、余りの極悪人ゆえ、皆にああはなるまいと
戒める心を植えつけさせることに成功した。
そう考えると、善と悪のどちらの存在が偉大かは、一概に言えなくなる・・・」

何かを気付き悟るには、悪と思えることも時に必要なのかもしれませんね。


と前置きが長くなりましたが、
同じようにエネルギーにも、プラスの波動とマイナスの波動 があります。
それぞれに、それぞれの役割があり、意味を持っています。

あなたが、マイナス波動エネルギーに共鳴し、増幅させているとき、
あなたの中のその部分は、
「わたしに気付いて!わたしを認めて!わたしを愛して!」 と
必死に叫んでいるのです。

もし、あなたがそれに気付こうとせず、誰かのせいにしてやり過ごしてしまったら、
同じ波動に触れる度、あなたの心は揺れ動き、かき乱されてしまうでしょう。

そんな負のエネルギーを感じたときは、ぜひご自身の中のどんな思いが
それを引き起こしているか感じてみてください。

たとえば、誰かに 「あなたって真面目ね!」 と言われたとします。
相手がどんな思いを込めて言ったかに関わらず、
それを長所と捉えていれば、ありがとう!と喜ぶかもしれません。
逆に、非難されたと感じ、怒りや憤りを感じるなら、
あなたの中にそれを疎ましく思う気持ちがあるということです。
また、もし長所とも短所とも思っていなければ、
確かにわたしの中にはそういうところがあるなぁと思うだけで、
特別な感情は抱かないでしょう。
「あら、それってよくないこと?」 とストレートに聞き返しているかもしれません。

この2番目の反応の怒りや憤りが、マイナスエネルギーと共鳴した感情です。
こんなときは、まず冷静になってください。
そして、自分が相手の何に反応したのかを観察してください。

「あなただって真面目じゃない!」 とか、「真面目のどこが悪いのよ!」
などと、反射的に反発するあなたの心の側面を
「うるさい!黙っていなさい!」 とか、「そんなことを思うのはみっともないこと」
と、非難して追放しようとするのではなく、
まず、「そうよね。何か傷ついちゃったのよね」 と慰めて癒してあげてください。

あなたのその側面は、あなたが今のあなたであるために、
がんばって来てくれたひとつの信念に繋がっているかもしれません。
たとえば、何かの目標を達成するためには、真面目でなければならないというような。

あるいは、なくなったらあなたでなくなると言えるほど、
ずっと前からあった、あなたの個性を司る大きな側面かもしれません。

そんなあなたの側面は、もしかしたらもう必要なくなっているのかもしれません。
だからと言って、無視したり邪魔者にしたりせず、「今までありがとう!」 と
感謝してあげてください。
その上で、「もうわたしは大丈夫だから、がんばらなくていいからね」 と
優しく抱きしめてあげてください。

それにより、その側面は自分の中には残っていても、目立たない存在になるか、
あるいは、自ら変容していくかもしれません。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

詳しい鑑定はこちらで。

負のエネルギーの解放



これは、わたしの周りの、ある非物質な存在からもらったメッセージです。
よ~く読めば、普通の常識とは異なることが、書かれています。

あなたは、これを受け入れられますか?
いかがでしょう?

潜在意識の中に蓄積された負のエネルギーは
同種の波動を持つ者を通じて 顕在化しようとします

それが その人の意識下に入ったとき
感情のアンテナが すぐに反応します
不快感、苛立ち、憤り、怒り、憎しみ…
不安感、淋しさ、虚しさ、悲しみ、苦しみ…

それらの感情は あなたの中にある
負のエネルギーと共鳴し 増幅していきます
あなたの中に 共鳴できる波動が無ければ
同じ出来事に遭遇しても 何も感じず
穏やかなままで いられるでしょう

人はとかく 負の感情を抱かせた相手に
問題があると 捉えがちですが
負のエネルギーを持っているのは
相手ではなく あなたです
変わる必要があるのも 
相手ではなく あなたです

あなたを通じて顕在化した 負のエネルギーは
癒されるのを 待っています

悪者にされ 押し込められるのでなく
非難され 変われと命令されるのでなく
愛に満たされ開放されるときを 待っているのです

それができるのは それを感じたあなただけで
それにより あなた自身も解き放たれます

負のエネルギーが大きければ大きいほど
それを開放できたとき得られる喜びも
深いものになります

これを読むあなたが
いつか大きな喜びに包まれることを 願っています



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

プラス波動の言葉、マイナス波動の言葉



言葉は、相手に何かを伝えるためのツールですが、
声に出して発しても、また心の中で抱くだけでも、波動を発しています。

ですから、伝達手段以上の意味があります。
というのも、私たちの思考はほとんど言葉で成り立っています。

何かを頭の中で考えるとき、皆さん言葉を使って考えていませんか?
意識してみてください。
今日のお昼は何を食べようかな?と考えてみてください。
もちろん、ラーメン、ハンバーグ、イタリアン、魚定食など・・・
そのもののイメージも浮かぶでしょうが、一緒に言葉も浮かんじゃいませんか?

自分で意識する以上に、言葉を使っているものです。
そんな無意識に抱く言葉のひとつひとつが、
あなたの身体にも、また周りの人にも影響を与えているとしたらどうしますか?
実はあなたの明日に、大きく影響していると言ったらどうしますか?


実験は、Aさんに片腕を床と平行に上げてもらい、
Bさんがその腕を下に下げようと力を加えます。
Aさんは、その力に抵抗します。

たとえば、Aさんに 「ありがとう」 と言ってもらってから行ったり、
「ばかやろう」と言ってから行ったりして、その違いを比べてみます。
結果は・・・?
そう皆さんの思っている通りです。

ポジティブな言葉は、使う人の身体にプラスの影響を与えるようです。

次にやった実験がもっと興味深い!
今度は、AさんBさん役以外の数人が、ひとつの言葉を決め、
その言葉をAさんに向かって、声を出さずに投げかけます。
そして同じようにいろんな言葉を使って、実験してみました。

明らかに、違いが出ました。
言葉は、声にして発しなくてもちゃんと届いているのです!
届いてしまうのです!

そして、ちょっとショックだったのが、
これらの実験からわかったマイナスな言葉の中に、
私が毎日使っている言葉があったのです。

それは、「気をつけて!」 という言葉。
主人を送り出すとき、毎日使っていた言葉です。
ごめんなさい!!です。

スピリチュアル的に考察すれば、
「気をつけて」 は、事故や災いに気をつけてということであり、
一瞬そういう嬉しくない情景が心をよぎってしまうでしょう。
言った方も、言われた方もね。
それは、マイナス波動を呼び、気を付けなければならない状況を
招くことに繋がってしまうかもしれないのです。

知識としては知っているはずなのに、うっかりしていることってあるものです。
反省です!ごめんなさい!

同じように、よくないことばが、「頑張って!」
頑固さを張ることになるのかな?
がんばっていないということになるのかな?

『ホ・オポノポノ』 のごめんなさい、許してください、ありがとう、愛しています
の4つの言葉は、プラス波動を出してくれるようです。

そういうプラス波動の言葉を使って、常に思考できるようになったら、
意識の波動もかなり上がっているといえるでしょう。

楽しいので、皆さんもぜひ実験してみてくださいね。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定


メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

波動を上げる ~小我の愛から大我の愛へ~



「自分の前にあるすべてのことを、あるがままに受け入れる」
ということについて、数回にわたり、例を挙げて解説しています。

「たとえば、相手に不満・問題を感じるとき、あなたはどんな態度をとりますか?」
という質問についての スピリチュアル的解説 の続きです。
ここまで、お付き合いいただき心より感謝します。

大切な相手だから、愛を持って言葉をかけたり、祈ったりする。
皆が良くなることが、自分の幸せだから、
どうにかして、良い方向に向けさせるよう努力するのが、愛ある行為。

(解説)
現世的に考えれば、このように行動する人は、偽善でない限り
すばらしい人ということになるでしょう。

でも、スピリチュアルな世界では、ここにもいくつかの気を付けなければならない点が
あるのです。

まず、「皆が良くなることが、自分の幸せ」 と思えるのなら、
それはとってもすばらしいことです。
ただ、その「良くなって欲しい人」 が、自分の周りの一部に限られてしまうのが普通です。
残念ながら、それはエゴに基づく小我の愛です。
もちろんこれとて、大我の愛に目覚める前に、誰もが通過する愛のひとつの形ですから
必要で意味ある経験です。

そんな小我の愛が拡がったとき、ふっと感じる総てのものへの愛おしさが
大我の愛の源になります。

でも、肉体を持つ私たち人間は、たとえキリストやブッタでさえ、
24時間、大我の愛のみで生きることはできなかったはずです。
そんな逸話も確か残されていたと思います。
ですから、皆さんも、時々は小我の愛から拡がって、大我の愛を感じてみたい
程度に思っていたらよいと思います。

電車で遇った、酔っぱらいのおじさんにも、嫌悪感でなく、
嫌なこと辛いこともあるだろうけれど明日もがんばれ!というエールの気持ちを
投げかけてみるとか、そんなことから始めてみてくださいね。


次に、「どうにかして、良い方向に向けさせるよう努力するのが、愛ある行為」
という思い込みが問題なります。

これは、親が子に対して思うあまり、陥りやすい過ちです。
まず、親が思う良い方向は、必ずしも子供にとって良いとは限りません。
~なれば幸せになれるという幻想は、親の価値感に基づいて選択された未来です。
もし子供の好みや価値観と合っていなければ、悲劇です。
その子にとって、苦痛に満ちた人生になってしまうでしょう。

そこに、小我であっても親の愛がある場合、なお、子供を苦しめることになります。
親を愛する子供もまた、自分の真意を告げることができず、
親の引いたレールの上を、幸せな振りをして歩んで行くことになります。
親の犠牲になる愛も、やはり小我の愛です。

小我の愛を越えた愛を持つならば、親に悲嘆の気持ちを味合わせるのを覚悟の上で、
自分の真意を告げる勇気が必要です。
それにより、親は自分の間違いに気付くチャンスを得ることになります。
そこで、悔い改めるか、親不孝な子供と責めるかは、その親の学びの問題です。

たとえ親子であったとしても、それぞれがそれぞれの責任で、
自分の人生を生きること、それが私たちひとりひとりに与えられた、
全ての人に共通する課題です。 

同じように、あなたの力で現世的物質的に、幸せであろう形を整えてあげても、
それは真の意味での、「その人のため」 にはなっていないばかりか、
逆に、意識の進化を妨げる結果になってしまうことさえあります。

つまり、その人が本当に何かに気付けるよう仕向けてあげることができたら、
すばらしいガイド(守護霊・指導霊)たちのサポートになるでしょう。

たとえば、片付けが苦手な娘がいて、うるさく言って片付けさせても、
または代わりに部屋を片付けてあげても、根本的な意識の進化にはならず、
その必要性を本人がしっかり自覚しなければ何の意味もありません。
大切なものを間違って捨ててしまい就職を棒に振るとか、
だらしないことが原因で、離婚にまで発展するとか、
そんな悲惨な出来事を経験して 初めて何かに気付けるのが、
私たちなのかも知れません。

それなら、早めに痛い目に合わせる方が得策かもしれませんね。
「かわいい子には、旅をさせろ」 という言葉は、そんな意味があるのでしょう。

可愛がり、与えるだけの愛は、小我の愛。
厳しさや、時には突き放すこともあるのが大我の愛。

そうすると、
わたしの癖まで知り尽くし、『飴と鞭』 を見事に使い分けるガイド(守護霊・指導霊)たちは、
大我の愛に満ちているということかな



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

波動を上げる ~感情を解き放ち、普遍意識と繋がる・後編~




すべてのことが意味があってそこにあるなら、ただそれを事実としてのみ受け止める。
不快な感情を解き放つことで、ニュートラルな感覚で接することができる。

の(解説)の続きです。
前回からお読みいただくか、 
初めての方は、ちょっと大変ですが、意識の波動を上げるシリーズ の最初から
こちらをクリックして、お読みいただけると理解が深まります。


まずは、どんな感情を抱いても自分を責めないことです。
負の感情も含め、自分の心に湧いてくる思いは、決してあってはならないものではありません。
それをも受け入れることが、「すべてをあるがままに受け入れること」 と前回触れました。

それを前提に、高まる感情があるときは、目を瞑り大きく3回ほど深呼吸してください。
この時点で、かなり冷静になれ、高まりはある程度収まるでしょう。

それでも、感情が心を占めている場合は、奥の手として、
「ありがとう!」 を連発してください。場合によっては、100回くらい。
気持ちは、もちろん込められなくて結構です。
怒りながら、泣きながら、あるいは歓びながら、有頂天になりながらでも結構です。

ハワイの技法、「ホ、オポノポノ」も、よいと思います。
興味のある人は、本を読んでくださいね。

かなり、気持ちが落ち着いてきたところで、
そんな感情を抱いていることを観察してください。
考えるのではなく、観察するのです。
自分を他人を見るような、第三者的視点で事実を拾って行きます。

たとえば、誰かに怒っているのなら、
 今まで、一番強い怒りだ
 このシチュエーションは前もあった
 あいつに言われると何故かやたら腹が立つ
 あの言葉にいつも反応してしまう
 怒ると何もかも嫌になり、何もしたくなくなる・・・など、

それを分析したり、理由を無理に探ろうとせずに、
できれば紙などに書き出してみるとよいでしょう。
書いておけば、後で本当に冷静になったとき、思い起こすこともできます。

そのとき、何かしら頭に浮かぶことがあります。
あ~そうだ、こういうことか!と、気付くことがたぶんひとつくらいはあるはずです。
たとえば、先ほどの例から浮かぶとすると
 怒りを無理意抑えようとせず、一時カーと高まった方が、案外早く収まるのかも。
 人前で非難されると怒りが高まるのは、プライドの持ち方に問題があるのかもしれない。
 遅いと言われると、どうもカチンとくるのは、そこにコンプレックスがあるようだ。
 怒りでエネルギーを燃やす人もいるが、自分は怒ることは本当は苦痛に感じている。

こんなにたくさん浮かばなくても、いいんですよ!
ひとつでOK!
ここから、自分のクリアすべきテーマが見えて来ませんか?

さらに、どうしたら解決できると思う?と
誰にともなく問い掛けると、答えが返ってくる(閃きがある)こともあります。
これは、普遍意識の通訳者であるガイドたちのメッセージです。

そして、自分の抱いた感情に対して、
「いろんなことを気づかせてくれてありがとう。
でも、もう私はあなたがいなくてもちゃんとやっていけるから、
少し離れたところから、そっと見守っていて欲しいんだ。」
というようなことを 語りかけてみてください。
しっかり、気持ちを込めることができなくても大丈夫です。
感情を擬人化するのに抵抗がある人もいるでしょう。

そうして、愛のエネルギーで包んであげたつもりになってください。
きっと効果がありますよ!

こんなにたくさんできないよという人は、
まず、どんな感情を抱いても自分を責めないことと、深呼吸から始めてくださいね。
それだけで、何か気付ける場合もあるでしょう。

「善悪の裁きはせずに、事実だけを認識し、感情は解き放つ」
と、相手に対してどんな対処ができるようになるのでしょう?

前回も言いましたが、
感情をニュートラルにすると、普遍意識と繋がりやすくなります。
そこで、相手への適切なアプローチが、浮かぶかもしれません。

また、相手に対して、特別な感情を持っていないのですから、それも相手に伝わります。
相手の警戒感、あるいは依存心を軽減します。
相手にアプローチするには、必要なことでしょう。

相手に対して不の感情を持っていれば、知らずとも波動を感じ、
相手は警戒感を抱きます。
心を閉ざした関係で、よいアプローチは望めません。
逆に、私が助けてあげるからという同情や憐れみを抱けば、
相手は頼り依存しようとするでしょう。

もちろん、あってよい、あった方が上手くいく感情もあるのですが、
それはケースバイケースで、簡単に判断つくものではありません。
一度ニュートラルにして、向こうに委ねることで、そんな適切な感情が湧き上がることもあります。
その時は、相手へのアプローチが終わるとほぼ同時にすっと感情の波が引くので
ちょっと気を付ければわかります。

そして、現実的にも、善悪の裁きはせずに、事実だけを認識しているなら、
発する言葉も違ってきます。
たとえば、
「あなたのしたことは、褒められることではないと思うけれど、
そうしなくてはならない何か事情や理由があったのかな?」
「あなたも、~したことについては反省しているでしょう。
また、こんなことがないようにどうしたらいいと思いますか?」
「~のことで、周りの人が嫌な思いをしていることを知っていますか?」
など、ソフトで 相手を袋小路に追い込まないような話し方ができるはずです。

人は、追い込まれるようないい方をされると、たとえそれが正しくても
素直に受け入れることができないものです。
『窮鼠猫をかむ』で、逆切れする人もいるでしょう。

追い込まれる方に問題があるのか、追い込む方に問題があるのか、
どう思いますか?

そんな負の連鎖にはまらないよう、あなたが、感情を解き放ち、
裁きを持たないニュートラルな状態でいることは、とっても大切なことなのです。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

詳しい鑑定はこちらで。

波動を上げる ~感情を解き放ち、普遍意識と繋がる・前編~



「たとえば、相手に不満・問題を感じるとき、あなたはどんな態度をとりますか?」
という質問についての スピリチュアル的解説 の続きです。

⑥善悪の裁きはせずに、事実だけを認識し、感情は解き放つ。
すべてのことが意味があってそこにあるなら、ただそれを事実としてのみ受け止める。
不快な感情を解き放つことで、ニュートラルな感覚で接することができる。

(解説)
物事をこんな風に受け止められるようになってきたら、すばらしいです。

善悪は、人や時代の価値基準で変わってきます。
普遍ではない意識に基づいているのです。

「あるがままに受け入れる」 ことは、現世の移ろいやすい価値観を超えて
普遍意識に繋がることでもあります。
そこには、裁きはなく、必然の元に事象が起こるのみです。

本当は、そのまま普遍意識の有するルールは、私たちのこの現世にも、
ちゃんと当てはまっているのですが、
私たちが、それに気づけないでいるだけなのです。

歴史の織り成す愚かな意識や、思い込み、エゴが創る欲、
そして、人を支配しやすいように考案さた教育システムや法律、
また、恐怖と不安をあおる報道や政治など、
普遍意識を遠ざける材料は、いくらでもあります。

だから、繋がれないかというとそんなことはありません。
たくさんあるからこそ、全部まとめて、えいやっと捨ててしまえばいいのです。

にっちもさっちもいかなくなったとき、もうどうにでもなれと思った瞬間、
いいアイデアが浮かんだり、流れが急に変わったりすることがありますよね。
あれは、別に『神』が助けてくれたわけではなく、その人自身が、
普遍意識や意識の世界に繋がった結果なのです。

だから、現世的価値観でガチガチの分からず屋には、
ガイドたちは、親切にも、きつ~い状況を与えて、
すべての価値観を、投げ出したいような気分にしてくれます 汗
それがいわゆる試練というものです。
中には好んで、自分で設定してくるつわものも、いたりしますが。

そこまでいかなくても、一瞬繋がることはあるでしょう。
いいアイデアが閃いたり、思わず~をやると人前で口走ってしまったときは、
普遍意識と繋がっているのです。
意識的に繋がっていられる人は、少ないとは思いますが。


そして、もうひとつ普遍意識と繋がるのを妨げるものが、感情の波です。

感情は、肉体的意識から出ている場合が多く、
一時の感情に流されると、判断を誤ったり、後で後悔する羽目になります。
皆さんも、経験ありますよね。

普遍意識の領域では、感情の起伏はほとんどないそうです。
それというのは、自分の意識が大きく拡がった状態なので、
人の喜怒哀楽を感じたとしても、意識全体を揺らすほどの大波でなく、
さざ波程度にしか感じないからでしょう。
たとえそれが自分自身のことでも、感覚的には他人事に近い状態として捉えられます。

そんな風に感じ始めたら、
あなたは意識が拡がり、波動が上がり始めたサインといえるでしょう。

でも、私の場合は、その前に、やたらといろんなことに感応してしてしまう
喜怒哀楽の感じ方の幅が、大きい期間がありました。

テレビを見ても、人の話を聞いても、嬉しくても、悲しくても、
涙が溢れ止めることができないくらい、感情が深く反応してしまう。
その時期がしばらく続くと、少しずつ感情のコントロールができるようになってきます。
それも、意図してガイドたちに訓練させられたようにも思えます。

そして、今は以前に比べると感情自体がない訳ではありませんが、
どこか少し離れてみているような、そんな感覚です。
そんな自分を、クールで情のないヤツと嫌に思ったこともありますが、
そういうことではないようです。

「もし、苦しんでいるその人のためになることを、本当に見つけたいなら、
あるいは、相手に何かを気づかせてあげたいと願うなら、
まずは自分が冷静になることが必要です。
心が冷静でなければ、普遍意識と繋がり適切な対応をとってあげることもできない。
人を導く者は、常に何が起きても冷静でなければならないのです・・・」

などど、ガイドたちに叱咤激励され、
知らぬ間に 「導く者へのカリキュラム」 に入っていたようです。
ふーっ!
そんなのOKした覚えはないけど・・・とぼやくと、間髪入れずに
「だって、任せるっていったでしょう!」 と切り替えしてくる。
逆らっても無駄なんですよね。
たぶん、わたし自身も納得して生まれてきた気がするし・・・

でも、「できないよ(涙)」と、弱音を吐くと、
なぐさめてくれたり、勇気付けるような出来事があったり、
ガイドたちは、見事に 『飴と鞭』 を使い分けます。
ほ~んと!恐るべしガイド軍団!
だから、わたしは逆らいません 汗

皆さんも、これってガイド(守護霊・指導霊)のメッセージ?って思えることがあったら、
素直に言うこと聞くことを、心よりお勧めします。

つまりは、
感情に支配されていると、「あるがままに受け入れる」 ことも、
普遍意識に基づいた適切対応もできないということです。

しかし、私たちに肉体がある限り、感情も共にあり、それを消すことはできません。
また感情は、何かを教えてくれる大切なアンテナの役割も担っています。
すべてをあるがままに受け入れるなら、抱く感情も受け入れていいはずです。

そういう意味でも、感情を抱かないよう努力するのではなく、
抱いても、意識的に手放すことが必要です。
いつまでも引きずって、支配されないことが大切です
つまり、内に溜め込むのではなく、解き放つことです。

すべては、エネルギーですから、自分の中に溜めたり、特定の相手に向けて
放射するのでなく、ただ、感情の箱を開けてあげるだけでいいのです。
そうすれば、エネルギーは行くべきところへ戻っていきます。
または、あなたの周りの愛のエネルギーによって、別のエネルギーに変換されます。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

メール鑑定1通 3000円
電話鑑定 30分 4000円

詳しい鑑定はこちらで。

波動を上げる ~お節介する?しない?




「自分の前にあるすべてのことを、あるがままに受け入れる」
ということについて、数回にわたり、例を挙げて解説しています。

「たとえば、相手に不満・問題を感じるとき、あなたはどんな態度をとりますか?」
という質問についての スピリチュアル的解説 の続きです。

⑤所詮人ごと、自分に危害が及ばない限り黙殺する。
人のことには、あまり興味が湧かない。
自分の周りに、心地よい環境があればそれでいい。
人に何か言えるほど自分は偉くなし、面倒くさい。

(解説)
こうやって書いてみると、自分は違うと思う人が多いはずです。
でも、待った!!
本当にそうですか?

電車の中や、ちょっとした付き合いの人には、こんなな態度でいませんか?
わたしは、たぶんほとんどの場合、このような対応でいる気がします。
理由は、少し違いますが・・・

人と人との触れ合いが希薄になってしまった現代、
特に都会の典型的人間像だと思います。
田舎のおばあちゃんの、あの暖かなお節介はありません。

でもここに、優劣を付ける必要はありません。
そういう事実を、まずは把握することが大切です。
それが、「すべてのことを、あるがままに受け入れる」 第一歩です。

確かに、人は人との触れ合いの中から多くを学び、
そのために生まれて来たと言ってもいいくらいです。
だからと言って、無理にコミュニケーションを取ることが、
必ずしも、その人によい結果をもたらすとは限らないのです。

たとえば、人に何かアプローチするのも、自分の都合=自己のエゴから
発している場合が実は多いものです。
そして、教えてあげる優越感に浸りたかったり、人のためが偽善的になっていたりしたら、
あなたにとっても、よい結果は望めないでしょう。

また、よい結果を引き出すには、タイミングも大切です。
相手が欲していないときにアプローチしても効果は薄いでしょう。

じゃあ、どうすればいいの?と思っているあなた。

一番は、自分の心に素直にいることではないでしょうか。
何かしたいと強く思うなら、ためらわず行動すればいいでしょう。
でも、
こういったら、どんな風に思うだろう?
周りの人は、変におもわないだろうか?
などと、ぐるぐると考え始めたら、
たとえ行動を起こしてもきっと不自然になってしまいます。
そんな時は、そのままにしてよいタイミングを待ちます。

そして、できれば、気に掛けてあげてください。
想いは、エネルギーとなり、その人のところに届きます。
それも、ひとつの愛の波動です。

そんな風に想っていると、不思議とこちらからアプローチしなくても、
向こうから頼って来たりするものです。
わたしも、何度かそんな経験があります。
力になりたいオーラに引き寄せられて来るのかもしれませんね。

そういう関わりは、相手だけでなくこちらも得るものが多くあります。
喜びの感動や、何か学ぶことがあったりと。

つまり、本当に関わる必要のある人は、逃げても追ってくるし、
必ず出逢うようになっているのです。
同じように、本当に必要な学びは、スルーしてもちゃんとまた用意されちゃいます。

そのことをガイドたちは知っているので、
ここでクリアしておこうよと、一生懸命気付いてもらえるよう知らせてきます。
そのあの手この手は、頭が下がる思いです。
でもそこに、笑っちゃうようなのもあって、わかると結構楽しかったりします。



一日一回クリックお願いします


人気ブログランキングへ
精神世界

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
無料で自分の十二神星を知る事ができます。
無料の鑑定

詳しい鑑定はこちらで。